ホーム >  尾洲病院 >  入院

入院

回復期リハビリテーション病棟 A病棟:36床 /B病棟:36床 (計72床)
医療療養病棟 C病棟:59床

入院について

・入院の連絡を受けられたら、指定の日時に必要な書類や日用品などをお持ちのうえ、総合受付(1階事務室)までお越し下さい。
・やむを得ない事情により、入院の取り消しや変更をされる場合は、必ず事務室までご連絡下さい。
・総合受付では、利用者カード(診察券)、保険証、入院申込書をご提出下さい。
・保険証は、入院中であっても月1回の確認をさせていただきます。会計の際に窓口にご提示下さい。
・保険証や入院申込書等の内容に変更があった場合は、遅滞なく総合受付にご提示下さい。

入院までのながれ

入院申込み・相談から入院するまで

リハビリテーション病棟入院まで

【紹介元医療機関へのお願い】
電話連絡のうえ、紹介状・検査データ・処方録を下記FAXへ送信願います。
■受付窓口/連携相談課:医療相談員 直通TEL0586-53-6202 / FAX0586-53-6203

入院から退院するまで

入院から退院まで

病棟紹介

医療療養病棟1
回復リハビリテーション1

入院費用

  1. 入院費用は、医科診療報酬点数表に基づき算定させていただいております。ただし、保険適用外サービスについては当院が別に定めた料金が課金されます。
  2. 保険適用外サービスには差額ベッド室料、紙オムツ代、テレビ貸出し料金、私物洗濯代、理美容代などがあります。
  3. 入院費用は月2回に分けて精算します。毎月15日、末日に締め切り、15日分は21日、末日分は翌月6日(休日の場合は翌日)に入院請求書を発行します。
  4. 入院請求書は事務室会計窓口で発行しております。お手数ですが、請求書発行後、1週間以内に事務室会計窓口でお支払い下さい。なお、時間は月~金8:30~18:00、土8:30~17:00、(日・祝日、12月31日~1月4日は休業)にお願いします。
  5. 退院される場合は、退院当日に総務課職員が入院請求書を病室までお持ちしますので、ご精算をお願いいたします。
  6. 領収書は高額療養費の申請や医療費控除の手続き等に必要です。再発行は致しかねますので紛失しないように大切に保管しておいて下さい。
所得区分
所得区分が低所得ⅠもしくはⅡに該当する方は、病院での窓口負担が軽減されます

詳しくは「限度額適用・標準負担額認定証」についてご確認ください。

※1)医療法において、病院の病床種別は5分類(一般病床・療養病床・精神病床・感染症病床・結核)に整備されます。 主に急性期の疾患を扱う一般病床に対し、慢性期の疾患を扱う病床が療養病床であり、急性期医療の後の慢性期医療を担う病床の種別を療養病床と言います。
※2)「療養病床」は、医療保険が適用される医療保険型療養病床(医療療養病棟)と、介護保険が適用される介護保険型療養病床(介護療養病棟)に分けられます。

総合相談コーナー

ページトップへ戻る